Ryota Akiyama

AIRBAY

This chair is made of a 1.2mm aluminium board and a 0.05mm PVC balloon. Neither material in this form can perform the function of a chair. However, once the balloon in the aluminum board is blowed up, it gets enough strength as a chair. The size and weight of the two materials are designed to have the most beautiful balance and high strength. The combination of soft materials and invisible aterials gives birth to a chair with interesting spatiality.

この椅子は1.2mmのアルミ板と0.05mmの塩化ビニールの風船でできている。二つのマテリアルは単一ではこの形状において椅子の機能を果たすことはできないが、お互いに依存し合うことで椅子として成立するバランスで素材の単位を決めた。アルミ板の中にある風船に空気を送り込むことで、ある瞬間椅子として形になる。同時に曖昧だった素材同士の隙間や境界が確かな空間として現れる。